DIARY@160826

新海監督の『君の名は。』を見てきました。
見てすぐ思わずいろいろ友達にぶつけてしまいましたが、
ネタバレしないようにここに書くにはどうすればいいのか・・・。

うんそう、一言で言うなら。
自分がひねくれた見方をしているのかもしれませんが、
新海監督の映画は基本的にいろいろこじらせている人向けだと思うんです。
特に喪失感の描き方に対しては同じ血が流れている錯覚を覚えるほどシンパシーを感じます。
普通(?)のひとには『言の葉の庭』がおすすめです。

誰にでも承認欲求があると思うのですが、
もっと根源的な満たされなさをいつも初恋やらに重ねて描いているように思うんですよね。
その対処療法を延々とやる(85%くらい報われない)お話……というと酷いいいようですが、
個人的な新海誠像は、雲の向こう〜の頃からそんな感じです。

ああいう出会いも別れもドラマちっくでいいですよね。
映画みたい。映画なんだけど。

muon DISCOGRAPHY


YK WORKS

WHOIS

柚木カズヤ Kazuya Yuzuki
作曲家/東京都在住

ご連絡は下記アドレスまで
reki@neko.mokuren.ne.jp